spacer

ホームページ@StroboFactory.com

strobofactory.com

プラセンタがチロシナーゼ酵素の働きを抑える

11月 22nd, 2012 by yamamoto

胎児の成長にプラセンタはなくてはならず、細胞の成長と新陳代謝に深い関わりがあります。

プラセンタの持つ若さと美しさを助ける力は、医療、美容の分野でも注目されています。

細胞をリフレッシュする働きをするプラセンタは、美容業界でも大きく用いられています。

どんなに年齢を重ねても若さを失いたくないという女性の気持ちを、プラセンタは実現してくれます。

どのような人でも、加齢によってシミやそばかすができやすくなります。

年齢が若いあいだは日焼けをしてもすぐ肌も回復していたのに、それが遅くなってきたと感じることもあります。

そんな肌の悩みに、プラセンタは力を示してくれます。

プラセンタには、シミやそばかすを作ると言われるチロシナーゼ酵素が働くのを防いでくれる効果があります。

チロシナーゼ酵素の働きを妨げることによりメラニン色素ができることも抑制され、美白肌へと結び付けます。

その上、プラセンタの細胞成長因子が働くことで、細胞の代謝が良くなり、肌も若さを保てるためアンチエイジングにも効果的です。

美容には、プラセンタそのものを肌に塗ったほうが最も効果が体感できるとされています。

ただし、アンチエイジングしたい気持ちは理解できますが、プラセンタを毎日欠かさず肌につけ続けると肌の自己再生力を促すことはできないので誤った使い方をしてはいけないのです。

この他、気力の低下、不眠、肩こり、冷え性など身体的・精神的不調の解消にもプラセンタは効果を発揮してくれます。

Comments are closed.

ホームページ@StroboFactory.com is proudly powered by WordPress. SimpleBeaty theme by Gargron